11無題
Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会編【疾走して失踪しそうになるの巻】

今回ドラクエ話は一休みしてカテゴリりアルでいく


だいぶ前の話
まだノートパソコンじゃなくデスクトップのパソコン使ってた時の話

季節は夏

まだ自転車に覚醒してなくて、何故かジョギングを始めた

そこから悲劇は繰り返される

ジョギングする時は妄想するにかぎる
俺ぐらい階級の高い妄想系男子になれば、疲労しているのに気がつかないで走れる
ま、ジョギングした事あるなら分かるだろけど他の事を考えながら走ると不思議と疲れない

日が昇らぬ早朝から走っていた仕事明けの日に走ってた明日に向って走ってた
理由は黒づくめのサウナスーツがあたかも吸血鬼のように見えて恥ずかしいかr
そんな姿で走っている時に、女子学生の登校とかち合えばペースが乱れる
だから早朝より尚速い夜明け前に走ってる夜明けに向って走ってた

それでもペースを乱す者はいたりする
たぶん伊賀者だと思う今から思えば伊賀者だと思う なんせ俺真田忍軍の一員だし

俺が彼の存在に気付くより先に、彼(伊賀者)は攻撃をしかけてきた

「おはようございます」

平常なら挨拶を返して終わりだが呼吸する事さへままならぬのに声など出せば酸欠で倒れるわ

それを狙っての攻撃だろーけど俺ぐらいの忍びになると効かない
正しくは聞かない
故に返事は無しだ

それでもたまに横に並びかけてまで挨拶を強要してくるのもいる
無視不可な零距離でやられると心臓がドキドキしてるせいか危うく恋の罠に落ちそうになる
だがしかし、俺には妻も子もいる以前に、その手の趣味はない
故に瞬時に対処できる伊賀者に遅れをとったりしない

依然として並走する彼(伊賀者)に勝ち誇った笑みが広がる。

若いな。ああ。 大学生っぽい

そこに彼の弱点があった

青春を走り続ける彼は、それ故に立ち止まる事ができなぬ

立ち止まった俺を置いて無念そうに背中が遠ざる
はっはー! 甘い甘い! この俺が伊賀者なんぞに遅れをとるかってーの

オジサンになると立ち止まって長考するのも必要なんだよ誰が野郎相手に爽やかな挨拶するかってのバーカ
ペースが乱れんだよ

伊賀者が気にならない距離まで進んだ後にジョギング再開
だいぶ遅れたけどペース乱れるよりはマシ
ペース乱れたら恐ろしい事になるから
以前その恐ろしさを知らず無知の勇を持って疾走していた事があった

走る時は妄想するカテゴリを楽しい事に限定しなければならない
それなのに嫌な出来事を反芻してしまった
走れば嫌な事などを忘れると聞いたが、生憎と俺の記憶力はそれほど脆弱ではなかった

自然、ペースが乱れる
さすがに、息のキレが鋭さを増す

苦しい

俺の頭に不法滞在してる鬼軍曹が激しく激を飛ばす

どうにか残り約200Mの下り坂に到達
鬼軍曹がラストスパートを命じる
応じて、矢のように全力疾走

漫画とかでよくある表現で目から星が飛んだりするけども本当だった
朝日に混じってちかちかと流星群が飛んでいた
視界がどんどん白くなり、動悸が尋常になく震えるほどビート

こりはまずいのではないか、碇

冗談抜きで


絶対絶命との言葉では役不足なほどに絶対絶命

視界が狭くなり死界が広がる

唇を噛み締めるも、痛点が機能しないのが痛い
むしろ吐気がする

マジ死ねる  超死ねる

自宅のドアが開かないアレこれって押すんだっけ?
いや違う違う
鍵だ
ああ無理
そんな細かい作業できそうにない

ノックの最上級、ノッケストを試みるも、力入らずノッカー

ガチャリ 

魔界の門が開き、妻が顔を出す錯乱してるせいか一瞬後藤マキに見えた

「朝からうっさいな!」

朝から愛の挨拶を交して玄関に倒れこむ もう動けない
今にも吐きそうだ

「ご、ごみ袋くれ」

「あんたを入れて、捨てたらいいんやな」

あぁテンプレ通りの素敵なトンチだけど、返す力は残ってないんだ

ここで更に動けない体に異常が走る

全身の穴という穴が空気を求めて開き始めて、全身総毛立つ

酸素! 酸素が足りねー! 
いつのまにか息するの忘れてた死ぬ!

く、苦しい!
もっと酸素を! 
いや違う吐いてない吸ってるだけで吐くの忘れてた過呼吸だこれ

即、ごみ袋をかぶって呼吸を整える
それを子供が不思議そうに見ている

よい子は真似すんな

呼吸難は解放したが体中の穴は開放したままだ 
つまり、涙とか出てきて、更に大小合わせて堪らなく漏れそう

だがサウナスーツ
サウナスーツを自力で脱げない
妻に服を脱がしてくれと助けを求めるも、「朝から何考えてるの。夜な!」と殺し文句を言われる

まずい
とてもまずい
3分も我慢できそうにない

どうにか転がるように脱いでトイレまで転がって着席
カウントダウンする間もなく着席と同時に排出

10分ばかりそのままでいたら、だいぶ楽になった 
WCを出て、風呂のお湯が溜まるのを待つ事5分ばかし
後藤マキが突然走ってくる自然と身構える俺

妻「おまえ!! トイレで漏らしたな! 便座びちょびちょやんけ!!」

違う それ汗 汗


違う  こんなの書くつもりじゃない脱線し過ぎた
本編は続き下からいこ
オードブルにしては長過ぎた
仕切りなおし仕切りなおし

WS000715.jpg
ちなみにこの画像はレベル80開放クエの受付場所
直線で向うと行けないぞ左上から舐めるように大回りするんだNPCは崖の上にいるから
お前はポニョか! って場所にいるkr








はいはい本編

前半で言いたかったのは妄想しながら走ると楽って事とマイペースが大事って事
ただそれを言いたかっただけ

そして朝より早い夜明け前に走ってたってとこ
この辺りが本編のキーになってる

夜明け前に家のドアと車のドアを頻繁にバタンバタンいわせてたら五月蝿い近所迷惑になると妻が言うのでサウナスーツを車に積んで、家に帰らず直接山手にある大きめの公園の駐車場に止めて、車内で着替えて走っていた

その日はもう俄然テンション上がっていた
何故なら同僚からブツを預かっていた片面が七色に反射する円盤を預かっていた
無修正らしい  むしゅーせい!

この円盤の中にユートピアが詰ってるのかと
希望に胸とか小鼻とか他の部分とか膨らませてた

そう思いながら走ったら凄い楽勝なの見えてる  そんな未来が見えてる
妄想しながら走ると楽なの分かってるkr

逸る気持ちを抑えつつ走り出すかね!

てか真っ暗な公園の駐車場て何故だか心がゾワザワしてくる!
何故か悪い事しちゃおうかなって気分になる
気分になるだけでしないけど
夜の公園じゃなく助手席の円盤のせいかも知れないけどねー

ともかく着替えて走ろう
走って疲れて仮眠したら家族は学校やら仕事でいなくなる
つまりパラダイスてかユートピアタイム突入!

などと
ウキウキしながら着替えてるところに暗雲が立ち込めた

俺が貸しきってる状態の駐車場にカタギじゃないオーラを纏った車が入ってきた
その車からカタギじゃない二人組
俺には分かる  こいつら素人じゃない

さては真夜中の公園の駐車場という雰囲気に呑まれて悪い事する気k
おいおい他所でやってくれよ俺の射程範囲でするな

そっと伺ってると我が愛車ハチロク豆腐店仕様に接近してくる
接近しつつフォーメーションQを展開してやがるヤバいこれヤバい
こいつら絶対普通じゃない  いざとなったら轢いて突破する覚悟だけしとこう

全扉ロック全窓閉鎖 
目も閉じて寝たふりして完全スルー体勢で迎え撃つ

それなのに
それなのにロックした扉を閉鎖した窓をドンドンとノックする二人組み
逃げ場のない状況で軽くピンチ第一段階

窓とテンションをわずかに下げ、コンタクトを試みると、胸元より何かを取り出す仕草

ヤバ!  超ヤバい! 
この距離だとシングルショットであの世逝きだ! 

と思ったが銃ではなく、手帳だった

手帳だと?  
お巡りさんなのかい?


なんだよ公僕かよ!
納税者をびっくりさせんなよバカァ!




「ちょっといいdsk・・・」

急に固まる公僕A
不審に思ったのか懐中電灯で車内を照らす公僕B
パンツ一丁で照らされる俺、三十朗

「・・・・・・」
「・・・・・・」
「・・・・・・」


状況説明
夜の公園の駐車場で着替え中、正確にはパンツ一丁
助手席には無修正な円盤
そして職質しかかってる警察官が二人





この二人・・・ヤるしかない!



長くなったのでいつかに続く




ブログランキングというコロシアムに参加中!       
クリックして貰えたら俺まだ飛べる↓    ↓こっちはついででいい

5rt.gifブログ村gif
  人気ブログランキング         ドラクエシリーズブログ村


楽天で買い物する時はここから入ってくれると有難い!



攻略禁書 Vol.6 (三才ムックvol.689)
攻略禁書 Vol.6 (三才ムックvol.689)
関連記事

コメント

No title
ホントいろんな事経験されてますね~^^
久々の社会編ですが楽しませていただきましたm(_ _)m
無修正がどうなったのか、凄く気になります
ひょおお 
どきどきするわ



せんせーのパンツ姿…
奥さん超ウケるww
No title
どきどき!
続き、はよ!w



PS…先日は、ありがとうございましたm(__)m
またお手紙書きます(^_^)
それ酸欠じゃなくて過呼吸ですねー
うち少しでも走ったりするとよくなる…というか100%過呼吸発症するので袋常備ですよーwww
リアル物語は読んでも痛いの多いっすよね~
今回はハートが痛そうな雰囲気スゴいっす!
いつかに続く続編が怖い;゚Д゚
イロンな意味でヤるしかない状況w
先の読めないドキワク感がタマランですなぁ♪(助手席的に
おいさん

人生色々あるからバラ色な人生じゃなく色々なわけさー
むしゅうせーは後編で仕事するから今は温存
いたち
そこかよー!
ティファニー
嫁は何年経っても空気になってくんない存在感出しまくり空気嫁てない
姫姉
もうちょい待ってー
今いろいろ書きたい事今書かなきゃいけない事でてきたから

礼には及ばないって返礼なんだからさ!
ぽわ

おいおいおいおい!
己の体質を吐露してくれたのはいいけど、空気は吐こうぜ!
本音も空気も吐かないと息苦しい世の中ぞz!
ルーク

助手席にバクダン抱えたこの緊迫感がたまんねー
ヤクしてる連中はこーゆースリルも同時に味わってんだろうなそら早死にするわ
やっぱマジメに生きようマジメが常に最強ぞ
パパ
> リアル物語は読んでも痛いの多いっすよね~
> 今回はハートが痛そうな雰囲気スゴいっす!
> いつかに続く続編が怖い;゚Д゚
ゲームと違ってリアルは痛みがともなう世界なの
心身ともに!
なるべく速めに続き書くつもりだけど色々書くべき事を片付けたら書きまー
それまでしばし待て
No title
過呼吸で袋は危ないですよー

それにしてもなんともな状況ですね
ノクス

危ないのか俺て危ない橋渡ってたのかどうりで死にそうになるわけだ
とはいえ自慢じゃないがまだ死んだ事ないぞ未だに一機も失ってない寸前で突破してるまだ死んだ事ないぞ俺!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。